The CFO Consultingの経営理念について

経営理念Management philosophy

Pocket
LINEで送る

すべての会社にCFOを。
日本に「財務インフラ」を創る。

創業以来、弊社の理念は変わりません。CFOという財務インフラを創出すること。
大企業だけではなく、すべての経営者様に財務という概念を広めていくこと。いつの日か、日本の中小企業400万社の経営者様の横には、必ずCFOがいるという世の中を目指しています。
そのため、コンサルティング事業だけでなく、
経営者様ご自身に学んでいただくスクール事業も展開しています。
弊社のサービスが、貴社の存続・発展の一助となれば幸いです。

CFO・経営参謀としてのマインド

  • 1.一生涯、尊敬する経営者のために尽くす。

    一流ホテルのサービスマン、一流企業の秘書以上に、ホスピタリティ精神とサービス精神を磨いて尽くします。

  • 2.財務のプロフェッショナル集団になる。

    財務戦略をメインに、税務、法務、労務など、企業が必要とする様々な知識を多角的に提供いたします。

  • 3.経営者に最も信頼される存在になる。

    外部顧問であっても弊社は経営者に最も寄り添う経営参謀。右腕として信頼される関係構築を重視します。

CFO・ビジョン

  • その1 10000社の企業の経営参謀となる

    現在、弊社は1,000社の顧問を務めさせていただいております。
    「財務インフラ創出」という理念実現のため、2020年までに10,000社の顧問となることを具体的な目標としています。
    コスト的に社内にCFOの専任を置けない会社様でも、外部顧問なら契約形態も柔軟な対応可能です。弊社の担当が複数企業のCFOを兼任することで、大企業の持っている知恵を安価にご提供できるのです。

  • その2 1000人の経営参謀を輩出する。

    弊社より経営参謀(CFO顧問)を1,000人輩出。理念実現のために活動範囲を広げて参ります。会計士でも税理士でもない、「財務士」として財務の専門知識を磨くことで、より確実性のあるコンサルティングを行います。
    そのため、弊社では旧来の士業資格に依拠しない独自の人材採用・育成スタイルをとっています。また、担当者のヒューマンスキルにクオリティが左右されない商品設計、システム開発にも注力しています。

  • その3 働きがいのある会社になる。

    Great Place to Work®が実施している「働きがいのある会社」2016年にランクインし、2020年までに10位以内に入ることを目標としています。「働きがいのある会社」調査は、49カ国以上で実施されており、その信頼性が世界に認められているものです。
    「1,000人の一歩が社会を大きく変える」という考えのもと、ライフワークバランスを重視した働き方を基本とし、すべての社員が活躍できる、透明性の高い環境を実現して参ります。

Pocket
LINEで送る