労務戦略のご相談、就業規則について

労務戦略Labor management

Pocket
LINEで送る

経営者の視点で、会社を守る労務戦略をアドバイス。
様々なご相談にお応えします

就業規則・社内規定に関するコンサルティングを行い、会社と経営者を守る労務戦略をご提供いたします。
近年、労働者が「会社を訴える」「内部告発する」例が急増しており、会社を守るための法律、仕組みづくりが求められるようになりました。 会社を守る法律となり経営の土台となるのが、就業規則です。10人以上の労働者がいる会社では、 就業規則の作成・届け出が労働基準法で義務化されています。

さらに、就業規則だけではなく、企業によっては 様々な社内規定、内部規則があり、就業規則との兼ね合いも含めて、社内のルールを総合的に統制していくことが、 労務管理としては極めて重要であるといえます。

また、就業規則等、社内のルールをしっかりと定めていても、その運用が適正に行われていなければ、労務トラブルのリスクは軽減することが出来ません。そのため、労務管理書式等により、従業員の労働環境をしっかりと管理していくことも、非常に重要となってきます。

弊社では、法務・労務と経営に精通したコンサルタントが、「会社を守るノウハウ」をもとに、他では提供できない就業規則・社内規定、体制作り、労務管理書式を通じて、 リスク予想・問題解決のためのコンサルティングを実施し、御社の総合的な労務管理をサポートいたします。御社の諸規則診断の際は、ぜひお気軽にご相談ください。

賃金・解雇・残業などのあらゆるトラブルを「就業規則で解決!」
  • 就業規則は、会社を守る

    就業規則がないと、労働基準法が基本法律となります。労働基準法は、労働者を守るための法律です。そこで会社を守るための就業規則が必要なのです。就業規則は労働者との関係を円滑にし、トラブルを事前に防ぎ、事後対応もスムーズにします。

  • 弊社の労務戦略が最強な理由

    自ら経営者としての経験を持つ社労士が、経営者の視点で労務管理をサポートします。1,000社以上の企業の労務問題の解決や就業規則を作成してきた実績から、会社を守るための豊富なノウハウを蓄積しています。

労務戦略の見直し、作成が必要になる、これらのシーンに

  • M&A
  • 成長期
  • 雇用する時
  • 人の問題を解決したい時
  • 労働基準法改正の時
CFOマネジメントスクール「応用編」
最強のスペシャリストを経営参謀に 実績・経験豊富なCFOのマネージメントを体験ください お電話でのお問い合わせは TEL:03-6804-3538 平日:10:00〜19:00 お問い合わせはこちらから
Pocket
LINEで送る